385196

やったー!身体障がい者2級になって国や施設から受けた6つの特典やメリット

「身体障がい者2級を取得して手帳をもらったけど何が得なの?」
「割引制度の情報や無料券はどの程度もらえるかっていう情報を取り揃えているブログはないの?」

本記事ではそんな方のために、不慮の事故に遭って身体障がい者2級の手帳を取得した筆者が、身体障がい者手帳を使って国や施設から受けた特典・メリットを6つに分けてご紹介します。

  1. 最初に
  2. 役所からもらった障がい者手帳は捨てるべき
  3. 1.交通機関は健常者と比べて、かなり優遇される
    1. バス料金は身体障がい者本人のみ半額
    2. 無料で乗れる電車もある
    3. タクシーは無料チケットがある 手帳を見せて値引対象になる
      1. 500円と100円のチケットがもらえる
      2. 障がい者手帳を見せると10%引き
    4. 新幹線で遠出するときは身体障がい者、介助者ともに半額
    5. 高速道路は事前登録が必要!ETCが半額になる
  4. 2.手当と年金は合計で年額966,000円受給できる(区や市による)
    1. 区の福祉課から、合計186,000円振り込まれる
    2. 国の国民厚生年金から、累計780,000円が振り込まれる
  5. 3.医療費は受給者証によって一部負担か無料かで分かれる
    1. 耳鼻科は無料! 処方箋もタダ?
    2. デンタルクリニックのクリーニングも無料 ただし矯正は保険外
    3. 眼科も無料! 花粉症であれば利用すべき
  6. 4.公共施設は基本的に無料か半額のどちらか
    1. 映画館は介助者共に半額
    2. 東京タワーは半額
    3. 六義園は無料で景色を楽しめる
    4. 上野動物園は無料
    5. 品川、池袋水族館は半額
    6. サンシャイン展望台は半額
    7. 花火は専用の座席が無料で用意
    8. よみうりランドは多少の割引
    9. NHKは半額
  7. 5.都営住宅は当選率7倍に優遇される
  8. 6.気をつかわれる
    1. 居酒屋では友人が皿に取り分けてくれる
    2. 警察署では警察官の態度が変わる
  9. まとめ

最初に

本記事は、東京都板橋区で身体障がい者としての認定を受けた筆者のメモです。各々の地域によって恩恵内容が異なりますので、それぞれお住まいの地域でお調べになってください。

役所からもらった障がい者手帳は捨てるべき

みなさんは、役所からもらった安っぽく薄い仕上がりの身体障がい者手帳を持ち歩いていますか? 筆者はその手帳を持ち歩きません。なぜなら、モノを入れる機能がないからです。

どうせなら、手帳だけ持ち歩くのではなくて、通勤に使うパスモカードやポイントがたまるクレジットカード、ビジネスに必要な名刺、あった時に便利な小銭など日常生活に必要な様々なモノをまとめて入れる小物入れを持ち歩くほうが便利ですよね。

身体障がい者2級である筆者は、多くの機能を取りそろえた名刺入れを購入して使っています。

多機能名刺入れ

中のクリアな素材でできている部分に、自分の顔が写っている身体障がい者手帳の情報を見えるように挿入。

カード入れには、1年に1回高級ホテルで無料宿泊できるSPG AMEXや、ドコモユーザーなら必見のDカードゴールドなどといったクレジットカードやIC乗車券のパスモ、自分の会社の名刺を入れています。

1.交通機関は健常者と比べて、かなり優遇される

身体障がい者2級の手帳所持者は、バスの乗車料金半額をはじめ、電車賃代の無料化やタクシーチケットの配布、高速道路での割引など様々な特典があります。

バス料金は身体障がい者本人のみ半額

身体障がい者2級の手帳を持っている方がバスに乗車すると料金が半額になります。

半額にする方法は、バスに乗るときに身体障がい者手帳を運転手に提示しなければいけません。掲示方法は、手帳をドライバーに向かけて見せれば問題ないです。この時、同伴者である介助者は含まれません。

妻とバスへ乗車して運転手に「2人で。」と、言いながら手帳を見せると大半のドライバーは216円の料金設定にしてくれます。まれに108円の人もいらっしゃいますので、同伴者と乗車する際は声をかけてみましょう。

ですが、バスの運転手により介助者は半額にならない可能性があります。これが通常の対応です。

ドライバー「付き添いの方は障がい者?」
私「いいえ、違います。」
ドライバー「だったらあなたは半額にならないね。」

と、高圧的な態度で言われた覚えがありますが、怖がらずに思い切って運転者に手帳を見せてみましょう。大半の運ちゃんは介助者ともに半額かそれ以下にしてくれますよ!

無料で乗れる電車もある

PASMO

身体障がい者2級の手帳が届いてからPASMOカードを特定の場所で申請すると、乗車券が特別扱いされて区で指定されている電車が無料で乗車できます。

筆者の場合は、都営三田線の全駅がフリーで乗れますね。

PASMOカードを改札機の右手前に読み取り専用部分にかざしたときの音は「ピッ」と、1音で音が鳴ります。一般の方のICカードの場合は「ピピッ」と、2音で音が流れますね。

本カードは、通勤カードと同様に3年に1回指定の場所で更新しないと利用できなりますので注意が必要です。2013年に身体障がい者手帳をもらってからすぐに板橋区役所駅前で都営三田線に乗って高島平駅まで行き、この三田線無料乗車パスモカードを申請して取得しました。

都営三田線の定期券発売所は、三田駅、日比谷駅、神保駅、巣鴨駅、高島平駅の5つです。巣鴨駅でも無料乗車券の申請ができるなんて知りませんでした。

2018年の1月31日で定期の期限が切れそうだったので高島平駅へ出向かず、板橋区役所前駅からほど近い巣鴨駅の定期券販売所で申請後、都営三田線の無料パスモ券を取得することができました。

タクシーは無料チケットがある 手帳を見せて値引対象になる

板橋区の福祉タクシー券

身体障がい者2級の手帳をお持ちの方は、2種類のチケットが板橋区役所から送られてきたり、手帳を見せると数%割引になったりと様々なメリットがあります。

500円と100円のチケットがもらえる

身体障がい者手帳2級をお持ちの方は、半年に1回ほど、板橋区役所からタクシー券を申請するかしないかが書かれている交付ハガキが送られてきます。

受け取ったハガキに申請するに○で囲んだら郵便ポストに投函。数ヶ月後に役所から¥500と¥100の乗車無料チケットが40枚ずつ送られてきます。

  • 500x40 = 20,000
  • 100×40 = 4,000

計算すると、合計で24,000円分のタクシーチケットを無料で受け取ることができます。本チケットを活用して無料でタクシーに乗れるのであれば、タダでもらっておきましょう!

ただし、本券は障がい者手帳を持った障がい者のみが使えます。決して友達や親族に譲渡して使わせたり、第3者に売買したりするのはやめてくださいね!

乗車地域は東京23区と武蔵野市、三鷹市のみで取り扱いができます。それ以外の市区町村は使用できませんので、ご注意ください。

利用時には領収書が発行されます。

また、運転手にチケットを見せたり、金券ショップで現金引換の話を持ちかけたことが判明すれば、役場は不正に使用したとみなし永久に資格を失います。

有効期限内に条約を守って本チケットを使いましょう!

障がい者手帳を見せると10%引き

タクシーの会計の際に身体障がい者手帳を見せると、乗車料金×0.1(10%)を引いて会計してもらえます。

2017年10月頃でしょうか。タクシーでお会計を済ます前に運転手に身体障がい者手帳を見せると、

「あなたホントに身体障がい者ですか?」と言われました。筆者が「体見ます?」というと、ドライバーは「いや、大丈夫です」と。(じゃ聞くなよ…)と、思いましたが声には出していません。

会話のように、運転手に身体障がい者2級の手帳を見せてもわからなかったり、疑われたりする可能性があります。

30回乗車してて1回くらいの割合ですかね。掲示してもわからない場合は、きっぱりと「はい、身体障がい者です」と言えば、運転者は理解して割引してくれるでしょう。

新幹線で遠出するときは身体障がい者、介助者ともに半額

身体障がい者2級の手帳所持者は、片道100kmを超える場所へ移動する場合、みどりの窓口にて障がい者の本人と介助者のチケットが半額に適用されます。

東京から100kmだと西は熱海、東は御宿までが範囲内です。東京から大阪、京都へ旅行や実家に帰省するときや旅行へ行くときは必ず本割引制度を使うのが良いでしょう。

大阪、京都から東京まででも良いですね。

高速道路は事前登録が必要!ETCが半額になる

身体障がい者手帳2級を持っていると、ETCが半額になります。ただし、事前に車両登録が必要です。直接、区役所へ電話で問い合わせるか、役所の福祉課に出向き相談してみてください。

身体障がい者本人、配偶者、直系血族およびその配偶者、兄弟姉妹およびその配偶者ならびに同居の親族等が所有する自動車1台が対象です。

2.手当と年金は合計で年額966,000円受給できる(区や市による)

銀行通帳の中

年間総合計おおよそ960,000円が国や区からもらえます。これに生活保護が加えられると最高ですね。日本国バンザイ!

1級の方は2級の人より、もう少し受給できる金額が多かった気がします。これ以外にも、重度障害者手当、特別障害者手当などがあります。

区の福祉課国民厚生年金
130,000
62,000130,000
130,000
62,000130,000
10130,000
11
1262,000130,000
合計186,000780,000
総合計966,000

上記は、区の福祉課と国の国民厚生年金から受給できる受取り月とその金額です。

区の福祉課から4月、8月、12月に62,000円、国民厚生年金から2月、4月、6月、8月、10月、12月に130,000円、指定の銀行口座へ振り込まれます。

国からもらえる金額は相違はないと思いますが、区や市から需給される金額は地域によって少し違うそうです。どの程度異なるかはわかりませんので、ご自身で調べることを勧めます。

区の福祉課から、合計186,000円振り込まれる

国民厚生年金とフクシカテアテから入金

区の福祉課から4ヶ月に1回、62,000円が振り込まれます。1年間の分を合計すると186,000円がご自身の口座へ入りますね。

板橋区役所の福祉課のスタッフの方は、障害持ちの人がいて非常に親切に丁寧で対応が良いです。障がい者になってから障がい者の気持ちがわかるのでしょう。

国の国民厚生年金から、累計780,000円が振り込まれる

国から2ヶ月に1回、約130,000円が振り込まれます。それを1年間に6回もらうので総計780,000円が指定口座へ送金されます。

国民厚生年金から多額の恩恵をうけて身体障がい者は生活できますね。このお金は日本国民が政府に納めた税金で賄われています。健常者のみなさんに感謝です。

3.医療費は受給者証によって一部負担か無料かで分かれる

診療、処方箋での薬がタダになります。受診後、支払をするため待合室で待っていると受付の人に「お代は結構ですよ」と、言われました。まさか、診察料が無料になるとは思いもしなかったのでとても驚きました。

受給者証一部 食

ですが、自分の課税状況によってマル障(障がい者が持てる保険証)の自己負担額が変更になる可能性があります。「一部」と記載があるのは課税額のある方が取得できる受給者証で1割の自己負担です。

また、「一部、食」と表示された受給者証を持っている方が20歳になったら、受給者本人の住民税が非課税である場合は、「食」表示(住民税非課税)の受給者証に変更されます。

以下の耳鼻科や歯科、眼科などの医療費に関する記事内容は「一部」が記載されていない受給者証を指します。

耳鼻科は無料! 処方箋もタダ?

毎年3月〜4月に発症する花粉症がひどい時に耳鼻科を訪れます。先生の内診が終わって待合室で待機していたら、受付の看護師さんから呼ばれて財布を取り出してお会計を済まそうと思ったところ、診察代が0円だったことに驚きました。

その後、薬局へ入り処方箋を渡して薬をもらうために待合室で待っていました。薬はさすがに無料じゃないでしょと思いましたが全部フリーなんですよ!

花粉症の症状をやわらげる効果がある外服薬ナゾネックスとアレルギー症状を抑制するパタノール点眼液0.1%、アレルギー性疾患治療剤の内服薬タリオンOD10mgを1か月分を2つずつ無料でいただけました。

デンタルクリニックのクリーニングも無料 ただし矯正は保険外

診察や歯のクリーニングは無料です。デンタルクリニックに訪問して歯科医に歯のクリーニングをしてもらうのは自分の歯にとって良いことです。ただし、頻繁に行くとお医者さんもタダでやっているわけですので、いい気はしないと思います。適度に訪問して歯の掃除や点検をやってもらいましょう。

歯の矯正については無料か有料かを歯科の受付の方に聞いたところ、歯の矯正は保険外とのことです。

眼科も無料! 花粉症であれば利用すべき

目の治療や内診、処方箋が無料です。花粉症で目が痛くて眼科に行くと以下の4つの検査をします。身体障がい者も健常者も目の検査内容は同じです。

  1. 空気がプシュッと目に入る(眼の柔らかさを測定して角膜のへこみ具合をみる)検査
  2. 気球をみる検査
  3. 視力検査
  4. 受診

処受給者本人が花粉症であれば、眼科へ訪れて薬だけもらうのも手だと思います。

4.公共施設は基本的に無料か半額のどちらか

公共機関と民営施設、それぞれ無料と基本半額の有料があります。以下の施設は、すべて妻または恋人、友達の介助者を含みます。店頭でチケットを購入するときは、身体障がい者手帳の掲示が必要ですので持参してください。

映画館は介助者共に半額

一般の方の購入金額が1,800円に対して障がい者は1,000円で映画を見るためのチケットが買えます。

店舗で購入するときは手帳が必須ですが、映画チケットを購入できるウェブサイトでクレジットカードを使い席を購入した場合、入館の際の身体障がい者手帳の掲示は必要ありません。

月に1回程度、妻と一緒に映画を見に映画館へ訪れますが、映画館に入ってインターネットで座席を買ったチケットを店員さんに見せても、

「身体障がい者の方ですか?」
「どこが不自由なのですか?」

とは、1度も聞かれたことがありません。

東京タワーは半額

半額で東京タワーに上れます。

六義園は無料で景色を楽しめる

受付に行って女性スタッフの方に、身体障がい者手帳を掲示するとにこやかに「無料ですので入園してどうぞー」と、言われました。都内でキレイな紅葉が楽しめる場所として有名なので12月の初旬にはぜひ行ってみてください。心が癒されますよ!

上野動物園は無料

無料です。パンダ見放題です。

品川、池袋水族館は半額

半額の1,000円です。介助者と同伴すれば、1人分の代金で海の生物を見ることができます。

サンシャイン展望台は半額

半額の900円です。60階から見る景色は最高ですよ!恋人同士で見ることを勧めます。

高い所が苦手な人は訪問を控えましょう!

花火は専用の座席が無料で用意

いたばし花火大会2017の写真

夏の風物詩といえば花火大会ですよね。板橋区が運営するいたばし花火大会は荒川河川敷にて開催。毎年8月に多くの人たちを呼び寄せている1年に1回の夏イベントです。

いたばし花火大会では、会場入出口付近に区役所が用意した障がい者用の席があります。当日係員に手帳を掲示すると、障がい者の証明である腕輪を手首に巻かれて障がい者専用の座席スペースへ案内され座ることができます。

ただし、毎年たくさんの来場者がいて障がい者席は満員御礼です。最初の花火が打ち上がる3時間~6時間前に到着してシートをとっておくことをおすすめします。

また、足の不自由な方に向けて送迎を準備。予約制となりますが、車いすで来場する方や松葉づえを使って大会にお越しの方はぜひ活用してみましょう。

よみうりランドは多少の割引

入園のみの一般料金は、大人が1人1,800円で障がい者料金は1,500円です。割引額は300円程度ですね。

デイパスポートの場合は、大人5,400円。障がい者はマイナス500円の4,900円。本価格で1日中よみうりランドを歩き回って楽しむことができます。

冬シーズンに本施設へ行ってみてください。イルミネーションがキレイに輝いていますよ!異性同士でクリスマスデートをするにはピッタリですね。

NHKは半額

住居を引っ越した後にNHKの集金人が我が家にやってきました。テレビを設置すると料金を取られるとのこと。割引にはならないだろうなーと思い、自分が身体障がい者である旨を伝えると、半額になりました!

5.都営住宅は当選率7倍に優遇される

都営住宅ハガキ

都営住宅の申し込みでは乙優遇という制度枠があり、身体障がい者世帯やひとり親世帯などが厚遇され当選されやすくなります。

当選率はなんと一般の方の7倍! 抽選区分が乙優遇で抽選番号が7つに増えますよ。審査が通りやすい障がい者に優しいシステムになっています。ありがたいですね。

ただし、本当に抽選なので都営住宅の入居に受からない人が多いみたいです。3年間応募し続けた筆者はいまだに当選されていません。

友人の姉がシングルマザーなのですが、乙優遇で応募したところ1回で当選したそうです。母子家庭の方が恩遇されていますね。

6.気をつかわれる

居酒屋では友人が皿に取り分けてくれる

とある日、居酒屋で友人3人と料理をつまみながらお酒を酌み交わしていました。身体障がい者になる前は、野菜や肉などを率先して筆者が分けていましたが、今は友人が取り分けてくれます。

私のことを憐れんでいるのか、可愛そうだからと思っているのかはわかりませんが、どちらにせよ提供された料理を小皿に分けてくれた友人は優しいです。それだけは言えます。

警察署では警察官の態度が変わる

免許更新をしに警察署に行ったときです。普段大きい声を出している警察官に身体検査で右手が動かないことを伝えると、身体障がい者だと気付いたのかすごい丁寧な口調になり、声のボリュームが小さくなりました。

明らかな態度の変わりようです。差別っぽくも感じましたが、悪い気はしませんでした。まぁ良しとしましょう。

まとめ

以上、身体障がい者2級になって国から恩恵を受けた6つのメリットや特典をご紹介しました。

交通機関をはじめ、受給額や医療費の免除、公共施設での料金の半額、都営住宅の優遇など多岐にわたってご理解いただけたかと思います。

身体障がい者手帳のお持ちの方は、所得に対して手元に返ってくる税金控除という制度があります。本控除制度を記事として掲載すると、筆者の給料はこのくらいだなと想像できてしまいますので本ページでは記載しません。

割引制度が使えるか使えないかわからないのであれば、とりあえず公共・民間運営の施設の受付で障がい者手帳を掲示することを勧めます。

もし、値下げされたらラッキーですし、値引されなかったら次回から掲示しなければ良いだけです。受付の人は、1日中何百何千人の顔を見るわけですから自分のことなんて覚えていないでしょう。以外と身体障がい者手帳を活用できるところは多いですよ。

身体障がい者バンザイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました